Kisah Inspirasi Ahmad Jumalisi Guru SDN Cikedung

Ini adalah kisah inspirasi dari salah satu guru yang sudah mengajar sejak kelas dari bilik hingga menjadi bangunan permanen. Oleh : Jermaine A Tirtadewa, Jurnalis Banten Pos     Menyusuri jalan berbukit, berlubang, berlumpur, dan berbatu besar sepanjang 15 kilometer menjadi runititasya sehari-hari. Namun perjalan menguras tenaga itu terus dilakukannya

Flash Mob Ala Masked Kyoudai VFP Team

Siapa si yang nggk tahu tentang flash mob, sebuah aksi untuk menarik masa berkempul baik itu berupa tarian, teriakan, nyanyian dan lainnya. Ada yang belum pernah flash mob? Wah, sayang sekali, seru loh.   Okey, kali ini aku mau memperkenalkan sebuah Team flash mob yang bernama Masked Kyoudai VFP atau

Sebuah Pengabdian Tanpa Batas – HUT PGRI Ke-70

Sebelumnya aku mau mengucapkan selamat HUT PGRI ke-70 untuk semua pengabdian tanpa batas bagi kami para penerus bangsa. Tulisan ini aku persembahkan spesial gak pakai telor untuk guru SD, SMP, SMA, kuliah yang telah mendidikku dengan ilmu yang melimpah ruah. Aku tidak pernah merasakan indahnya duduk di bangku TK oleh

Gramedia Bagiku Sebuah Penerbit dan Toko Buku Favorit

Ini adalah cerita Gramedia Bagiku. Setiap kali mendengar/menyebut nama Gramedia tentunya yang terlintas di kepala ku adalah buku. Waktu pertama kali aku mengenal penerbit terbesar di Indonesia ini ketika SD dari buku pelajaran sebagai penerbit buku. Menginjak SMA aku baru tahu kalau Gramedia ada toko bukunya. Aku anak gunung, rumahku sangat jauh

Tentang Sampah, Sebuah Kekecewaan dari Anak Desa

Tentang sampah yang kuantitinya semakin meningkat. Sehingga menimbulkan berbagai jenis bencana dan penyakit. Dari semua kesempurnaan manusia dibandingkan makhluk lainnya. Membuang sampah pada tempatnya hal yang sangat sulit dilakukan. Ditulis dalam dua bahasa Jepang dan Indonesia. Tentang Sampah yang Mengotori Lingkungan saya lahir di Kuningan, salah satu kota pegunungan yang

Cara Menghargai Kehidupan – 価値のある生活

みなさん、生活のことを話すとき、どんなことをイメージしますか。つらいですか。たのしいですか。ある人は生活について大変だと考えます。ある人は生活はたのしいと考えます。どちらも本当ですが、私はどんな生活にするのも自分しだいだと思います。自分しだいでたのしいかどうか選ぶことができます。そして、私にとって、生活は夢のためです。その夢は生活の目標になります。 このことは、じつはかんたんではありません。せいこうしたいなら、どりょく、戦い、ぎせい、がまんなどがあります。そのプロセスは、手のひらのようにかんたんに返すことができなくても、がんばります。どんなに大きいしょうがいがあっても、きっと終わることができます。それから、しょうがいは目標を目指す中で大きなモチベーションになります。たとえば、ゲームをしているとき、始めるのはかんたんですが、次のレベルではむずかしくなります。いいしょうがいは、生活のげいじゅつです。げいじゅつがない生活は、美しくありません。 たとえば、ある子供が自転車を習いました。始めはかんたんでわはなくて、何度もころびましたが、あきらめませんでした。そして、子供は何度もためして、自転車に乗ることができるようになりました。しょうがいにたちむかうとき、いつも、プロセスがあります。問題があっても、がんばります。ある人は「しっぱいはせいこうの母。」と言いました。前のしっぱいからまなぶと、きっとせいこうすることがあります。  それから、だれもが大変な経験をしたことがあります。私は友達と一緒にゲデ山に登ったとき、頂上の前で、空気が5°Cで、寒くてふるえていて、低体温症(ていたいおんしょう)になりました。あたまがとてもいたくて、ナイフで切られたようでした。なにも感じられませんでした。その時死ぬと思いました。しょうがない、神様にまかせるほかにない。起きたとき、まわりに氷があって、エーデルワイスのような野原をみました。私は「ここは天国でしょうか。私は死んだんでしょうか。いいえ、死んでいませんでした。」と言いました。誰かが「朝日がきれい」と言いました。「あぁ。。まだ死んでいませんでした」と呼びました。本当にうれしかったです。 いちばんのせいこうは、けっかからではありません。プロセスからです。たくさんの人がそのことを分かっていません。そのことがわかったとき、価値のある生活になります。価値のある生活ではないと、神様にみとめられることができません。生活は神様がくれた最高のおくりものです。 そして、問題があっても、笑顔でがんばります。せいかつは、かんたんでも、むずかしくもありません。かんがえかたによって、かわります。手に入れるものは自分がほしいものとはかぎりません。神様がくれたことは、なんでもすばらしいことです。良いことばだけで、まんぞくしてはいけません。もしもっと良いほうほうがあれば、いまの方法にまんぞくしないで、よいほうをつかった方がいいとおもいます。 CARA MENGHARGAI KEHIDUPAN Bicara tentang hidup aku bingung harus memulainya dari mana. Begitu banyaknya resepsi tentang arti sebuah kehidupan. Terkadang orang memandang hidup di dunia ini sulit. Ada juga yang menikmati keindahan hidup. Apalagi saat kita menemui arti hidup yang sesungguhnya. Kebahagiaan hidup bukan